By the weaving work

北京出張

3月は北京で仕事をしました。

初めて滞在する場所なのでソワソワしながら向かいましたが、現地の方々の手厚いサポートのおかげで快適に過ごすことができました。
毎日よく食べ、よく働き、よく眠り。
海外での仕事は緊張や疲れもあるけど、規則正しく生活できてなんだかいつもより体も軽やかな気もします。
日本でもこんなシンプルな日々を送りたいと思っているのになぜできないのだろう…

私、中国語は全くできないのですが、不思議と言葉の壁は感じませんでした。
英語がわかるスタッフは1人。

日本ではあまり意識することはないけれど、コミュニケーションにおいて普段いかに言葉のみを頼っているか。
海外に行かなくても、赤ちゃんや動物とのコミュニケーションも同じかもしれない。
表情、目線、動作、声の抑揚や間、体全部で伝えて受け取ること。
そういうものは、言葉の意味に頼り切っているときには眠ってしまっているんだと実感します。

言葉が違う人たちと過ごしていると、その眠っていたところに自然と血が巡っていきます。
そうすると感情や意識を共有しているような感覚になって、同じことで笑ったり、これをどうするのかで悩んでるのかなと察しがついたり、お互い違う言葉で話しているのになんとなく理解できていたりする体験は興味深いものでした。

仕事ではなく旅行で行っていたときにはここまではっきりと感じたことがなかったので、言葉が違う場所で生活に近いことするのは自分を見直す良い機会だと思います。

仕事だけではなく、週末には観光にも行くことができました。
故宮、景山公園、什刹海、頤和園…
大陸の壮大な歴史に触れ、その景色の中に立つことができたことは感動でした。
ここで歴史が動いてきたんだなぁ…と存分に想い耽ることができました。

島国の日本と、大陸の中国。
街のまとめ方とか作り方の違いも面白い。
彼らの言葉や習慣もこの大陸で醸成されてきたのだなと感じる日々でした。

私は旅行者としての中国人にしか、ほとんど接したことがありませんでした。
でも自分の国にいる彼らは、当たり前ですが旅行者としての姿とは違った印象でした。

臆せず親切に世話をしてくれて、言葉は通じないけど私と話したいと思って話しかけてくれる。
バスでは年配の方にすぐ席を譲るし、譲られた人も感謝して席につく。
日本でももちろん同じ光景はあるんだけど、その堂々と、さらっとした雰囲気がいかにも大陸風だなと思っていました。
私も自分の国で誰かを迎えるときには、自分がしてもらったように自然で親切な自分でありたいです。

中国で毎日助けてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
次に行く時には少しでも、あの楽しそうな雑談の言葉を拾えるといいなぁ。

好きな人のこと

2月の短さにはいつも驚かされます。

 

このところ、爆笑問題・太田さんへの愛が溢れて止まりません。

2月も休みなく朝から晩まで機の前にいるわけですが、音があっても問題ない作業のときだけスマホでテレビやラジオ、podcastなどを流し、太田さんのトークに力をもらいながら終わりの見えない作業に黙って取り組んでいます。

以前から爆笑問題がやる番組やネタは好きではあったのですが、ラジオはなんか苦手で今まで全く聴いていませんでした。
しかし友人から勧められて『爆笑問題カーボーイ』を聴き、瞬く間に彼らのトークの虜になってしまいました。
ハガキを読む太田さんが好き。
楽しそうに話す太田さんが好き。

そしてある時、東海地方で放送されている『太田上田』というテレビ番組の存在を知りました。
福岡では放送されていませんが、HuluやTVerで見ることができますので是非見た方がいいです。
太田さんとくりぃむしちゅーの上田さんがおそろいの衣装で仲良くくだらないことを話す番組です。
画面に見ずに聴いているだけでも大丈夫です。

上田さんは太田さんのことを「ぴーちゃん」と呼び、若手の頃からの長い付き合いを感じさせる安心感があります。
上田さんに見守られながらぴーちゃんは自由に楽しそうに駆け回ります。
ぴーちゃんが楽しそうにしてる姿を眺めるときの幸福感。
上田さんもこんな気持ちなのかな。
上でも下でもなく友達といるときのちょっと甘えた感じのぴーちゃんが大好きです。

ぴーちゃんと妻・光代社長のまるで恐怖政治のような夫婦関係エピソードにはいつも勇気をもらっています。
この二人が出会った奇跡に感謝…
光代社長の話になったとたん、ぴーちゃんの表情が引き締まります。
ぴーちゃんは躾の行き届いたチワワみたいに小さく震えながら反射的に光代社長への忠誠をアピールします。
もう一つの芸と言ってもいいのではないでしょうか。

私は企画よりトークというタイプなのですが、この番組の「名言カルタ対決」は秀逸です。
番組で出てきたエピソードをカルタにしてそれをプロの読手・木本景子さん(映画『ちはやふる』に読手として出演。なんと福岡出身!)が読み、ぴーちゃんと上田さんが取り合うという企画です。
この木本さんのバラエティ適性が物凄くって、二人も笑い転げながら楽しそうにかるたをしています。

「家なのに~ 網走刑務所より~  不自由だよ~」

恐怖政治について読まれた名言です。

3月はまた出張で出掛けます。
春はもう少し。
明日からまたがんばるぞ!

1月の短さ!!

瞬く間に31日を迎えた1月。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
少し混乱していますが、この間年が明けたばかりですよね…?
私は幸か不幸か、糸と格闘し、機に座って過ごしたひと月でした。

その間に福岡では雪が降る日もあり、白い景色に興奮したり癒されたり。
年に2~3日くらいしか雪の降らないこちらでは、雪は日常を非日常の世界に塗り替えてくれるのでついうっとりしてしまいます。
場所によっては交通機関など大変な一日を過ごされる方もいらっしゃるかと思いますが…
でもやはり銀世界を前にした時のあの気持ちは大人になった今も特別なものです。

2月もあっという間に過ぎてゆくフラグが立ちまくっていて怖くはありますが、できるだけ焦らず、「今」以外の時間に囚われることなく目の前のことに取り組んでいきたいです。

寒い日がまだ続いていますが、少しずつ日も長くなり、日差しにもかすかに春を感じます。
今日はスーパー・ブルー・ブラッドムーン。
265年に一度の月。
見られるかな~!
皆さまも素敵な月夜を!

暮れてゆく

友人宅でのお餅つきで年末を満喫しました。
私は主に食べる係でしたが。
ついて、ちぎって、丸めて、食べて、大好きな年末のイベントです。

振り返れば、2017年も濃い一年でした。
「織」と切り離しては考えられない出来事がたくさん起こり、「織」がまた新しい世界を見せてくれました。
出会いや、世界が開けることの不思議。
世界は大きいような小さいような。

次の一年もちゃんとついていけるように、僅かでもこの一年の自分以上に動くのが目標です。

もちろん課題も両手いっぱいにありますが、課題があるということは何か考えたり行動したということなので、また取り組んでいけるように頑張ります。

色んな場所で作品に触れてくださった皆さま、本当にありがとうございました!
寒さが緩み、窮屈さのない年末で、大晦日の実感がいまいち湧きませんが、皆さまそれぞれに良いお正月を迎えられますように。

また月末!

毎日に追われるまま、また月末になっていてびっくりしているところです。
そして明日からは12月が始まるんだということにも気づいて、とりあえず深呼吸したところです。

11月はゆっくりと過ごす予定だったのですが、なんとなくふわふわと追われて過ごしてしまいました。
そしてグループ展のお礼もしないままになっているという有様で…今更ですが、大変有意義な経験となったこと感謝しております。
ご来場いただいた皆様、一緒に作品を並べた作家の方々、その他の関係者の方々、本当にありがとうございました。

今回の展示には、細いウールの糸で織った作品を初めて持って行きました。
細い糸なので、模様はより繊細になり、薄くて軽い仕上がりです。
色もこれから少しずつ増やしていこうと思っているので、またご覧いただく機会があればと思っています。
WEB SHOPの方で準備ができ次第公開していきますので宜しくお願いいたします!

ネパールの回想録も今年中に書こう。忘れてしまう。
忘れないうちにちゃんと書きます!
今年は久しぶりに海外に行ったので、ほんのすぐそこに、知らない世界はたくさんあるんだということを思い出せて良かったです。
色んな場所に行くのはいいですね。

今年もあと12月を残すのみですが、ちゃんとみっちり過ごしていきたいところです。
この年末に向かって収束していって、新しい年にまた開いていく感じがとても好きです。
皆様も元気にすてきな12月をお過ごしください!

Nepal

先日までネパールに行っておりました!
個人的にはあまり興味を持っていなかった場所ですが、「織り」がネパールに行く機会を作ってくれました。
つくづく不思議だし、また世界を広げてくれて感謝しています。

ネパールでは手織りで製品を作っている現場に触れたり、思いがけず観光もたっぷりできました。
織りに関しては何を見ても新鮮で、だけど共通の言語をお互いに持っているというような、なんとも居心地良く刺激的な時間に満ちていました。
拙い言葉で、でも確かに新しい世界に踏み入る興奮を共有できたことがとても嬉しかったです。
世界は広くて、踏み出す度にもっともっと自由になっていく気がしました。
正解も完成もなく、とにかく続けていくことだと思いました。

何かに背中を押されているような時も、自分が小さく思える時も、どんな時もとにかく取り組み続けていくことしかないんじゃないかと、ネパールで日々考えた事はいつもそこに着地しました。
みんな黙々と体を動かしていた。
彼らの仕事について話を聞くと、小さな笑顔で、微かに誇らしげで素敵だったなぁ。
わたしも自分の仕事の話をするとき、あんな姿でいたいと思いました。

ネパールでは紡ぎは女性の仕事で、織りは男性の仕事。
訪れたところはどこもそんな風景だったし、決して賃金も高くない。
でもやっぱり良い仕事だなと、「織り」で生活する人々を眺めていました。

ネパールには興味を持っていなかった…とか言いつつ、行ってみると結構前のめりになってしまうような興味深い国でした。
宗教や生死観など、ちょっと本当に面白かったので、観光についてはまた追々書きたいと思います!

とりあえず、連休の展示会を!楽しみにしつつギリギリまで!てんてこまいです!!

見上げる癖

ふと、空が一面オレンジ色に染まっているのに見惚れて、それから夕焼けの時間に散歩に出るようになりました。
毎日違った色に染まってゆく空を眺めながら黙々と歩きます。
目を離せないときはじっと立ち止まる。

空を見上げる癖がついたのは、そういえばきっかけは夕焼けじゃなくて綺麗な月だった気がします。
9月に入ってからの月があまりにも綺麗で、写真には納めるのは諦めて、じーっと眺めていたんだった。
つい写真を撮りたくなってしまうけど、ちゃんと自分の目でその時の美しさを感じることも忘れないようにしたいものです。

涼しくなって日の出の時間も遅くなってきたので、この頃は朝日を見に行くこともあります。
楽しみに早起きして、遠くから夜が明けていく様子を見ていると心も体も澄み渡っていきます。
夕日も綺麗だけど、朝日はまた違った迫力があって震える…

見上げれば刻々と移り変わる景色があって、ゆっくり眺める時間がなくても傍に感じながら過ごせば、日々を鮮やかに感じられる。
晴れの日、雨の日、春、夏、秋、冬…
その時々の景色から色んなことを受け取りながら大らかに過ごしていきたいです。

みなさまも、これから深まる秋を存分に楽しまれますように!

フフホトへの旅

内モンゴルの呼和浩特(フフホト)に行ってきました。
目的は織物工場訪問。
フフホトは世界一のカシミヤの産地です。

…とは言え、実はこの地名すら知りませんでした。
そんな場所に自分が行くことになるなんて本当に不思議。
織物が連れてきてくれた場所です。

中国も初めてだし、どんなに遠い所だろうと思っていたら、意外と近かった!
北京から国内線で1時間ちょっとでした。
到着したのは夜で、飛行機から外に出るとひんやりと心地よい風。
8月はベストシーズンで、訪れる人もかなり多いようです。

宿泊先は Phoenix Hotel Inner Mongolia という立派なホテルで、モーニングブッフェの炒飯が上品な味付けでとても美味しかったです。
地元のご飯はお肉が多くて、私はお肉は苦手だけど、麺とか炒め物とか美味しくいただきました。

滞在中は工場の見学をしたり、技術者の方々に話を聞いたり、とても濃密な時間を過ごしました。
悔やまれたのは、中国語を勉強していなかったこと。
英語は全く通じない環境で、日本語ができる人が席を外している間はやり取りが滞ってしまう。
当たり前のことなんだけど、私が少しだけでも中国語に取り組んでおけば伝えられたことがたくさんありました。
彼らの言葉のままで受け取って、自分の言葉で彼らに伝えられたら、もっと話したいことがいっぱいあったのになぁ。
でも、中国語と日本語で、紙とペン、身振り手振りを最大限に使ってのやり取りは気まずさなどかけらもなく、ただお互いの考えを掴み合うのが楽しかったです。
全力で伝えようとすること、受け取ろうとすることっていうのはコミュニケーションの根本なんだと感じられました。
織りに関してのことで勉強になることもたくさんあったけど、こういう、知識ではない体験がまた自分の骨を太くしてくれるはず。

言葉が通じない中で、好奇心や楽しい気持ちを確かに共有したこと。
それがこの旅での私の体験です。

帰路では目的地に着陸できなかったり、乗り継ぎ便が欠航になったりとアクシデントがありましたが、そのおかげで関わり合うこともなかったはずのたくさんの人に助けてもらって、色んな話をすることができました。
困った時でも人にやさしくするってすごいことだよなぁ。
自分もそういう人でありたい。
久しぶりの海外は人とのふれあいの旅になりました。

フフホトは夏がとても涼しくて乾いていて、思った以上の都会で、草原も砂漠もあるところ。
最終日に連れて行ってもらった草原はすばらしい景色でした。
草原に行く途中に見える山の景色も見惚れてしまった。
3、4日で楽しめると思うので、興味のある方は是非行ってみてください!

ミネラル収集

7月のことなんですけれども。
また鉱物を楽しんできました。

5月のときは、カットされた石もたくさん見たんですが、今回はすっとばして標本系の石ばかり見て回りました。
地球の要素が現出しているんだと思うと、もう心を掴まれちゃって全然見飽きなくって…本当に不思議!
偶然も秩序も、何もかもがこの形を作っているって、なんてロマン。

石屋さんからも色んなお話を聞かせてもらって、まだ知らない鉱物の不思議に胸を躍らせたのでした。

欲しい石はたくさんあったけど、欲張らずにこれからちょっとずつ集めていこうと思います。
細く長く楽しむんだ!

雨と暑さ

酷い雨とただただ暑い日々が続く7月。
普通に暮らしていてもぐったりしてしまうのに、被災された方々はどれほど大変だろうかと思います。
せめて暑さが少しでも和らぐといいのに…

わたしは打合せで東京に出張があったのですが、その時は東京はとても過ごしやすかったです。
それでも十分暑かったけど…
打合せの合間に、上野の森美術館で『書だ!石川九楊展』を鑑賞したり、行きたかったお寿司屋さんに行ったりできました。

石川九楊さんの作品は『書』と括ることができないような壮大なスケールで、大変見応えがあるものでした。
線を引く、止める、払う、撥ねる。
その表現をこんなに解放できるなんてどんな世界に生きているのだろうと、時間を忘れて見入ってしまいました。
表現って、自分がやってみると、人がしていることの凄さが初めてわかる。
手を動かさなければ受け取れないことがたくさんある。
自分でアウトプットするということの意義を改めて感じられました。
表現することと受け取ることはセットなんだよなぁ。

これからは自分の中身が底をついたらやっていけないと、またここで自分の態度を見直しています。
薄っぺらい自分に肉付けをしていかないといけない。
もっと自分のことをちゃんと知っていきたい。

自分の世界だけだと、なかなかこういうことも鈍ってしまうので、刺激的な世界に触れられて良かったです。
暑さもなにか糧にできればいいんですけど。
今はただ辛いだけです…

みなさま元気に楽しく夏を過ごされますように!