From all

見上げる癖

ふと、空が一面オレンジ色に染まっているのに見惚れて、それから夕焼けの時間に散歩に出るようになりました。
毎日違った色に染まってゆく空を眺めながら黙々と歩きます。
目を離せないときはじっと立ち止まる。

空を見上げる癖がついたのは、そういえばきっかけは夕焼けじゃなくて綺麗な月だった気がします。
9月に入ってからの月があまりにも綺麗で、写真には納めるのは諦めて、じーっと眺めていたんだった。
つい写真を撮りたくなってしまうけど、ちゃんと自分の目でその時の美しさを感じることも忘れないようにしたいものです。

涼しくなって日の出の時間も遅くなってきたので、この頃は朝日を見に行くこともあります。
楽しみに早起きして、遠くから夜が明けていく様子を見ていると心も体も澄み渡っていきます。
夕日も綺麗だけど、朝日はまた違った迫力があって震える…

見上げれば刻々と移り変わる景色があって、ゆっくり眺める時間がなくても傍に感じながら過ごせば、日々を鮮やかに感じられる。
晴れの日、雨の日、春、夏、秋、冬…
その時々の景色から色んなことを受け取りながら大らかに過ごしていきたいです。

みなさまも、これから深まる秋を存分に楽しまれますように!

フフホトへの旅

内モンゴルの呼和浩特(フフホト)に行ってきました。
目的は織物工場訪問。
フフホトは世界一のカシミヤの産地です。

…とは言え、実はこの地名すら知りませんでした。
そんな場所に自分が行くことになるなんて本当に不思議。
織物が連れてきてくれた場所です。

中国も初めてだし、どんなに遠い所だろうと思っていたら、意外と近かった!
北京から国内線で1時間ちょっとでした。
到着したのは夜で、飛行機から外に出るとひんやりと心地よい風。
8月はベストシーズンで、訪れる人もかなり多いようです。

宿泊先は Phoenix Hotel Inner Mongolia という立派なホテルで、モーニングブッフェの炒飯が上品な味付けでとても美味しかったです。
地元のご飯はお肉が多くて、私はお肉は苦手だけど、麺とか炒め物とか美味しくいただきました。

滞在中は工場の見学をしたり、技術者の方々に話を聞いたり、とても濃密な時間を過ごしました。
悔やまれたのは、中国語を勉強していなかったこと。
英語は全く通じない環境で、日本語ができる人が席を外している間はやり取りが滞ってしまう。
当たり前のことなんだけど、私が少しだけでも中国語に取り組んでおけば伝えられたことがたくさんありました。
彼らの言葉のままで受け取って、自分の言葉で彼らに伝えられたら、もっと話したいことがいっぱいあったのになぁ。
でも、中国語と日本語で、紙とペン、身振り手振りを最大限に使ってのやり取りは気まずさなどかけらもなく、ただお互いの考えを掴み合うのが楽しかったです。
全力で伝えようとすること、受け取ろうとすることっていうのはコミュニケーションの根本なんだと感じられました。
織りに関してのことで勉強になることもたくさんあったけど、こういう、知識ではない体験がまた自分の骨を太くしてくれるはず。

言葉が通じない中で、好奇心や楽しい気持ちを確かに共有したこと。
それがこの旅での私の体験です。

帰路では目的地に着陸できなかったり、乗り継ぎ便が欠航になったりとアクシデントがありましたが、そのおかげで関わり合うこともなかったはずのたくさんの人に助けてもらって、色んな話をすることができました。
困った時でも人にやさしくするってすごいことだよなぁ。
自分もそういう人でありたい。
久しぶりの海外は人とのふれあいの旅になりました。

フフホトは夏がとても涼しくて乾いていて、思った以上の都会で、草原も砂漠もあるところ。
最終日に連れて行ってもらった草原はすばらしい景色でした。
草原に行く途中に見える山の景色も見惚れてしまった。
3、4日で楽しめると思うので、興味のある方は是非行ってみてください!

趣味

ずっと趣味というものがありませんでした。
強いて言えば「読書」…?という感じ。

しかしここにきてようやく、これが趣味というものでは…という感触が!
好きなことを楽しむという感覚とは、こんなに心を軽やかにするのだということを今更ながら知ったのでした。
思えば、自分から積極的に単純に楽しむことって、わたしはあまり得意ではないのかもしれません。
本を読んでいるときと、車に乗っているときは心安らぐ感じがあったけれども。
だから最近は、楽しいとか美しいとか、自分の心が惹かれることを大事にしようと心掛けています。

最近楽しんでいるのは「囲碁」と「鉱物」。
囲碁はずっと興味があって一人で詰碁をしてはいたのですが、「先生」がほしいという欲求が抑えられなくなっていたところにちょうど近所の碁会所に巡り合いました。
そうして入り口に立った囲碁の世界はやはり強烈な魅力を放っていて、導かれる楽しさや、湧き上がる疑問をぶつけられる気持ちよさを知りました。
「部分」と「全体」、木を見ながら森も見るということも難しく、面白いです。
わたしは子どもの頃から剣道をしていますが、剣道やもちろん織にも通ずることばかりだと感じます。
色んな感覚を獲得していくことがとても楽しく心地良いのです。

鉱物はその組成や、意図のない美しさがたまらないといいますか…
誰に頼まれてもいないのにこんなに綺麗なものが生まれて、覗くとそこには条件やルールがあって、それを経て今わたしの目の前に存在しているというロマンがですね…なんかもうわたしを時空の彼方へさらってゆくのです。
綺麗さが人間の目を楽しませるためのものでは全くないというのもいい…
勝手に綺麗だと思ってるだけというのが、なんとも孤高で、対等であるといいますか。
本当は鉱物採集とか行ってみたいんですが、わたし超インドアなので今のところ憧れるのみです。
そういえば囲碁も、碁石そのものにも惹かれるんですよね~
いつか高級な碁石をじっくりと眺めまわしたいものです。

日々の中で色んなことを吸収して、織で形にできたらいいなと思います。
さっ!がんばーーー!!

短い春

桜が咲いて、雨が降り、この春もなんだかあっという間に過ぎていこうとしています。
今年はお花見には行けませんでしたが、日々の中で合間合間に桜を楽しみました。
桜が咲いているのを見つけて、いつもは素通りしている景色に立ち止まったりして、良い眺めだなぁと見惚れたり…
身近な世界に目が向く良いきっかけになりました。

晴れ続きのGWをみなさんいかがお過ごしでしょうか?
わたしは岩田屋に出展中で、賑わう街の空気につられてなんとなくウキウキしています。
福岡は「どんたく」を見に旅行でいらっしゃる方がとても多い時期です。
例年、雨に降られることが多いのですが、今年は見事な快晴!
わたしも気持ちよく陽射しを浴びながら出勤しています。
最近は太陽の光が恋しくて、車で日光浴に出掛けたりすることもしばしば。
昔は雨の日が好きだったのですが不思議なものです。

春から秋は麻のストールが大活躍のシーズンです!
麻はさらっとした肌触りが汗ばむ肌に心地よく、夏をイメージされる方が多いのですが、ヒヤッとする時には保温効果を発揮します。
冷房での冷え過ぎや、季節の変わり目などの調節用に手元にあるととても重宝します。
首回りや肩の日除けにもさっと1枚羽織れば安心です。
汗をかいても手洗いしていただけるので使いやすいですよ~
5/2(火)まで岩田屋新館6階で見ていただけますので、是非お立ち寄りくださいませ!
最終日は17:00までなのでお間違えなく。
ストールを織るときに出る残糸でタッセルのチャームを作っていますのでそちらもご覧ください!

みなさま、元気で楽しい連休になりますように!!

関西って

随分ブログをさぼってしまいましたが、戻ってまいりました!

3/15から1週間、大阪の阪急うめだ本店での出店の為、大阪に滞在していました。
関西での出展はこれが初めてで、どんな雰囲気だろうか…とドキドキしながら迎えたイベント。
お客様をはじめ、滞在先の宿の方々や一緒に出展した各作家のみなさまにとても温かく接していただいて、笑顔の絶えない1週間となりました。
お忙しい中お越しくださったみなさま、見てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
たくさんの方に見ていただいて、その笑顔や言葉が何よりの力になりました。
これからまた素材やスタイルのバリエーションを広げていくので、またご覧いただく機会を作れるようにがんばります。

素材といえば、今回の会期後そのまま関西に残って、お世話になっている会社にお邪魔してきました。
どこにお邪魔してもみなさん快く迎えてくださって、その温かさに感動…
何者でもないわたしの拙い話に耳を傾け、手を差し伸べてくれて、それがどれだけ有難かったか。
仕事ってこういうことなんだよ、こんな風に取り組むものなんだよというお手本を見せてもらったようで「わたしもこんなかっこいい大人になりたい」と心の中で静かに思いました。
いや、わたしも年齢的にはいい大人なんですけど、こういう姿を示してくれる大人が身近にいてくれることってものすごく心を動かされるというか。
一つ一つの仕事に真面目に取り組み続けるということが、この姿を形作っていくんだと教えてもらいました。

その日から生まれ変わった的な文章になりましたが、わたしは持って生まれた性質が怠惰で不真面目なので、進んだり戻ったりしながら先輩たちの背中を追いかけて行きたいと思います。
今回はバタバタでしか観光できなかったので(それでもした)、次回はゆっくり観光目的で関西に行きたいです!

東京での日々

まずは2/1-14までの日本橋三越での出展に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
たくさんの方々から応援の声をいただき、これからもより一層しっかりとした仕事をしていかねばと身が引き締まりました。

今まであまりゆっくり訪れたことのなかった「日本橋」という場所。
たった4日間ですが、毎日通った道や街並みは印象深く、すぐに好きになってしまいました。
古いものと新しいものが入り混じる風景。
日本橋三越本店本館の建物も国の重要文化財であり特別な雰囲気を纏っています。
お客様も、働く方々も、他の場所とはまた違った誇らしさをもって日々ここに来ているのだなぁと思いました。
日本橋三越と宿泊先をただ行き来していただけでしたが、良い気持ちになれる、とても好きな場所でした。
また戻ってきたときに良いものを見てもらえるように頑張ります。

そして代官山では展示会もありました。
細い道や坂道が入り組み、生活の場所とオシャレな洗練された場所が混ざり合う不思議な街。
本当にたくさんのステキな空間があって、街歩きは宝探しのようでした。
このあたりもまたゆっくり見てまわる機会があればいいなと思います。

東京は漠然と苦手意識を持ったままで、いつも少し緊張してしまいます。
だけど振り返ると今回も東京はやさしかった…
苦手だと思う割に、嫌な思い出なんてないんです。
まだほんの一部にしか触れていないだろうし、愛着がもてる場所もたくさんあるんだろうなぁ。

東京という場所にはお世話になりっぱなしなので、地道に丁寧に仕事を続けて、少しずつでも何か返していきたいです。

来月は大阪!
またたくさんの方にお会いできますように!

TOTEM

先日、TOTEMの公演を観に行ってきました。
アレグリアで出会ってから CIRQUE DU SOLEIL が大好きで、福岡公演は欠かさず追いかけております。
テントを見ただけで胸が躍るあの感じ。
一歩足を踏み入れると、あっという間に異世界に連れて行ってもらえます。
自分がどこにいるのかわからなくなる感じがとても心地よくて、観終ったときにはすっきりとリフレッシュしています。

世界観の作り込み方がそれはもうしっかりとしているのですが、いつもすごいなと思うのは、シンプルに絞り出された工夫の数々がその世界観を支えているというところです。
衣装も道具も舞台装置も演目も…
全てに考えて考えて考え抜いて辿り着いたシンプルさがあるんです。
単純な形状の道具の単純な運動を人間の運動機能をフルに上手に合わせて、最大限の化学反応を見せてくれる…そして毎回その期待は裏切られません。
あぁ…本当に大好き…
今回は舞台装置も好きだったし、軟体の衣装が綺麗だったな~

興味はあるけどまだ観ていないという方、是非とも観てほしい!
わたしもまた観に行きたいな~~~
あ~あの異世界に行きたい!

ポンコツクエスト

最近、毎日糸の奴隷と化し、曜日がかなりあやふやです。
テレビつける習慣が無いと平日か週末かもわからない…
今日が日曜日だとさっき気づいたので、慌ててPC開いた次第です。
何を書こうか…と考えたけれど、ここ数日の区別がつかないし特に何もなかったので、くだらないことを軽い気持ちで書きます。

「ポンコツクエスト」のことです。
twitterではたまにぶつぶつ言ってまして、わたしとても好きなんです。
1話5分くらいの短いコントアニメなんですが、これを観て一人で狂ったように笑います。
わたしはAbema TVでスマホのちっちゃい画面にかじりつきです。
普段はテレビで夜更かしとかあまり気が進みませんが、先日の新作放送は我慢できずにベッドにもぐりこんでたっぷり1時間視聴し、終わった後も反芻して笑いながら寝落ちしました。
新作最高。ふふふ!!
周りで観てる人いませんけども。
テンポ良くて、小回りの利いた掛け合い…推しキャラだっています…!
いつか誰かとポンクエの話ができる日がくるといいな~
このようにポンクエに心を軽くしてもらって、わたしは日々頑張っています。

…と、この1週間で思い出せるのはこのくらいです。
みなさまもポンクエを是非。
また1週間がんばります。

あ!2/14まで日本橋三越本館4階で出展しておりますので、東京の方は是非ともご覧くださいませ!

息抜き

どうにかこうにか商品を出荷して、一息つきました。
いつも思ったよりも手間取ってしまうのを修正していきたい…
いちいちボロ雑巾のようにならないようにしていきたい…

明日からはまた次の作業に入りますが、ちょっとだけ息抜きというか慰労会というか、ちょうど友人とタイミングが合ってお酒飲んだりピザ食べたりして楽しく過ごしました。
ピザってなんでこんなにウキウキするんだろう。
選ぶのも注文するのも食べるのも楽しい。
ビールの慰労パワーが体を駆け巡る心地良さよ。
夜ってあまり好きじゃないけど、こういう時間は幸せだな~と思います。
友人よ、来てくれてありがとう。

そうこうしているうちに、あっという間に1月も終わりですね!
2月はまた出展で福岡を離れます。
その間は製作からも離れるので、人に会ったり、本を読んだりして、自分に新しい風を送り込もうと思います。
また色んな出会いがありますように!

マイナーチェンジ

同じものをいくつも作るということは、以前はもっとつまらないことだと思っていました。
だけど今は面白い。

作って、使ってもらって、「…ここ、もう少し良く納まらないかな~」という唸りを頭の片隅に遊ばせておく。
するとある時にふっと頭が澄む。
そういうふうに「解」を見つける瞬間が一番ワクワクします。
新しいデザインを考えるときも、喜びがあるのはその「解」が見えたとき。

工夫って本当に面白い。
「なんか、どうにかできそう…」って思ったら止まらなくなってしまいます。
まだ見つけてないのに、その存在を根拠なく確信しているあの感覚がとてもすきです。

春に向けて麻の糸を織り始め、昨シーズンからの品番も少しずつ成長しています。
パッと見てわかるような変化ではないけれど、さりげなく、ちょっとだけ良くなっているはず。

たくさん考えて織って、「織」の仕組みの中でもっと自由になりたいな~