From

フフホトへの旅

内モンゴルの呼和浩特(フフホト)に行ってきました。
目的は織物工場訪問。
フフホトは世界一のカシミヤの産地です。

…とは言え、実はこの地名すら知りませんでした。
そんな場所に自分が行くことになるなんて本当に不思議。
織物が連れてきてくれた場所です。

中国も初めてだし、どんなに遠い所だろうと思っていたら、意外と近かった!
北京から国内線で1時間ちょっとでした。
到着したのは夜で、飛行機から外に出るとひんやりと心地よい風。
8月はベストシーズンで、訪れる人もかなり多いようです。

宿泊先は Phoenix Hotel Inner Mongolia という立派なホテルで、モーニングブッフェの炒飯が上品な味付けでとても美味しかったです。
地元のご飯はお肉が多くて、私はお肉は苦手だけど、麺とか炒め物とか美味しくいただきました。

滞在中は工場の見学をしたり、技術者の方々に話を聞いたり、とても濃密な時間を過ごしました。
悔やまれたのは、中国語を勉強していなかったこと。
英語は全く通じない環境で、日本語ができる人が席を外している間はやり取りが滞ってしまう。
当たり前のことなんだけど、私が少しだけでも中国語に取り組んでおけば伝えられたことがたくさんありました。
彼らの言葉のままで受け取って、自分の言葉で彼らに伝えられたら、もっと話したいことがいっぱいあったのになぁ。
でも、中国語と日本語で、紙とペン、身振り手振りを最大限に使ってのやり取りは気まずさなどかけらもなく、ただお互いの考えを掴み合うのが楽しかったです。
全力で伝えようとすること、受け取ろうとすることっていうのはコミュニケーションの根本なんだと感じられました。
織りに関してのことで勉強になることもたくさんあったけど、こういう、知識ではない体験がまた自分の骨を太くしてくれるはず。

言葉が通じない中で、好奇心や楽しい気持ちを確かに共有したこと。
それがこの旅での私の体験です。

帰路では目的地に着陸できなかったり、乗り継ぎ便が欠航になったりとアクシデントがありましたが、そのおかげで関わり合うこともなかったはずのたくさんの人に助けてもらって、色んな話をすることができました。
困った時でも人にやさしくするってすごいことだよなぁ。
自分もそういう人でありたい。
久しぶりの海外は人とのふれあいの旅になりました。

フフホトは夏がとても涼しくて乾いていて、思った以上の都会で、草原も砂漠もあるところ。
最終日に連れて行ってもらった草原はすばらしい景色でした。
草原に行く途中に見える山の景色も見惚れてしまった。
3、4日で楽しめると思うので、興味のある方は是非行ってみてください!

雨と暑さ

酷い雨とただただ暑い日々が続く7月。
普通に暮らしていてもぐったりしてしまうのに、被災された方々はどれほど大変だろうかと思います。
せめて暑さが少しでも和らぐといいのに…

わたしは打合せで東京に出張があったのですが、その時は東京はとても過ごしやすかったです。
それでも十分暑かったけど…
打合せの合間に、上野の森美術館で『書だ!石川九楊展』を鑑賞したり、行きたかったお寿司屋さんに行ったりできました。

石川九楊さんの作品は『書』と括ることができないような壮大なスケールで、大変見応えがあるものでした。
線を引く、止める、払う、撥ねる。
その表現をこんなに解放できるなんてどんな世界に生きているのだろうと、時間を忘れて見入ってしまいました。
表現って、自分がやってみると、人がしていることの凄さが初めてわかる。
手を動かさなければ受け取れないことがたくさんある。
自分でアウトプットするということの意義を改めて感じられました。
表現することと受け取ることはセットなんだよなぁ。

これからは自分の中身が底をついたらやっていけないと、またここで自分の態度を見直しています。
薄っぺらい自分に肉付けをしていかないといけない。
もっと自分のことをちゃんと知っていきたい。

自分の世界だけだと、なかなかこういうことも鈍ってしまうので、刺激的な世界に触れられて良かったです。
暑さもなにか糧にできればいいんですけど。
今はただ辛いだけです…

みなさま元気に楽しく夏を過ごされますように!

バカンス⑧―沖縄―

遂にクライマックスまで辿り着きました。
ダラダラとすみませんでした…

福岡に戻った翌日、旅の打ち上げと称して沖縄に飛びました。
友達と飲むというのが唯一の予定だったので、それ以外は車を運転したり、歩いたり、ぼんやりしたり、とにかく無心で過ごしました。
全くのノープランだったのですが、県立博物館を通りかかったときに「志村ふくみ」の文字が目に飛び込んできたんです!
慌てて引き返して会場に入ると、そこにはたくさんの作品が!!
志村ふくみさんは染織家で人間国宝になられた方です。
出会いは中学校の国語の教科書。
桜染めの話です。
ずっと草木染に取り組んでいらして、今もなお精力的に活動に取り組んでおられます。
去年、京都での講演に参加したのですが、物事に対するおおらかで謙虚な姿勢、溢れるエネルギーに圧倒されました。
展示されている作品は、これが全て植物が秘めている色なのかと、信じられないような鮮やかな色ばかりで、私の見た志村さんの姿が思い起こされました。
こんなタイミングで作品を見ることができるなんて本当になんて幸運!
来た甲斐があったというものです。

翌日は友達と朝から合流し、三笠のちゃんぽんで腹ごしらえ。
沖縄で暮らしていたとき、私の体の半分はこのちゃんぽんでできていたと言っても過言ではありません。
その後は、行く先など何も目的がないので、適当に北に走り出します。
途中でコーヒーでも飲もうよということになり、「じゃあ古宇利島あたりでカフェにでも」と話していたのですが。
気が付けば原生林みたいな中をひた走っておりました。
どうやら話に夢中で通り過ぎた模様…コンビニすらも見当たりません。
というか対向車すらもありません。
やっと見つけたコンビニではビールじゃんけんに負けてドライバー決定だし、夕方からは那覇で飲むつもりだったので、渋滞を避けてまさかの直帰。
何もせずに沖縄本島を3分の2周くらいしただけという素晴らしく気ままなドライブでした。
夜は3軒飲み歩いて、最後はカラオケでフィナーレ。
最高の夜でした!

最終日はA&W行って、そばも食べて…としていたら暑さに耐えきれなくなったので、早々と空港に退散しました…

思い切って時間をつくって、この旅を実行できて本当に良かったと思います。
できるときにできることを。
これからも自分の糧になるような時間の過ごし方をしていきたいです。

飛行機も安いし、沖縄は近いので、またちょくちょく遊びに行こうと思います!

バカンス⑦―出雲―

鳥取から出雲大社に向かい、じっくりとそれぞれの神様をお参り。
以前訪れたのは60年に1度の遷宮のときだったので、どこもかしこもものすごい人出で大混雑でしたが、今回は何もない平日でゆっくり静かに見て回ることができました。
熊野とはまた違った雰囲気でこちらも独特の空気が感じられて圧巻です。
良縁を力強く懇願してまいりました。

前回は時間がなくて見られなかった「古代出雲歴史博物館」。
今回こそは!と意気込んでウキウキ向かったら、まさかの休館日…
調べて来ていたのに…休館日は火曜日のはずでは…とふらふらしながら確認してみると、なんと今日だけイレギュラー!
この週だけ休館日がずれている…なんということ…
神様はまた来いとおっしゃっているのか…とメッセージを理解し、慰めに参道のお店でぜんざいを食べて出雲をあとにしました。
次は絶対休館日を避けて、神在月にきてみたいな~

この日は益田に宿泊。
次の日は朝からすぐ近くにある石見美術館でマリメッコ展を鑑賞してからまた移動です。
グーグルマップで発見して、ものすごく見たかった「ホルンフェルス断層」。
着いた場所は、奥まった静かなところで、看板の案内に沿って進んで行ったんですが…なかなか困難な道のりでありました…
この旅で一番の難所だったかも…
波が打ち付ける岸壁に向かっていくので、そこはフナムシたちの楽園でした…
わたし、自然に慣れ親しんだ経験が浅いので考えが及びませんでした…
虫、死ぬほど苦手なんです…
でもどうしても見たい、見ないで帰るわけにはいかない!と情熱を振り絞って険しい道を進みました。
またここを戻るんだよね…と片隅で思いながら。
他に見に来てる人なんていないので、気兼ねなく「イヤー!」とか「あっち行ってー!」とか叫びながら進めたのは助かりました。
そんな難所を乗り越えてたどり着いたところは、初めて見る景色でした。
色んな時代が積み重なった壮大な空気に息を飲みました。
想像もつかない程の長い時を見ることができて、本当に行って良かったです。

そこからまた西に向かい、途中萩の松下村塾に立ち寄って観光は終わり。
松下村塾は思っていたよりもずっと小さくて簡素で、ここにたくさんの傑物が集まったのかと思うと感慨深いものがありました。
ゆっくり見られてよかったです。

そうして福岡に向かっていよいよ旅もクライマックスです。

バカンス⑥―鳥取―

ずっとずっとずっと砂丘に来たくて、ようやく叶えることができました!
本当は砂漠に行きたいんだけど、まあ、遠いので機会があればそのうちに…

誰の足跡もついていない風紋を見たかったので、朝8時に砂丘に行きました。
お土産屋さんが並んでいるので、車はそちらの駐車場に。
ビーサンに履き替えて、道を渡って砂丘に入っていきます。
やった!誰もいない!!
誰もいない(はずの)砂丘に「わーーーー♡」と声を上げながら駆け寄ると、風紋が!素晴らしい!
もう想像以上に神秘的で美しくて、胸にぐっとくる光景でした。
いつまでも眺めていられるような、場所によって違う表情を見せる風紋。
晴天の青とのコントラストが鮮やかで、座り込んでうっとり眺めていると自分がどこにいるのかわからなくなってしまうような現実から離れた世界です。
砂丘の向こうはすぐ海で、ちょっと遠くを見ると砂の果てがちゃんとあって、道の向こうにはお土産屋さんが並んでいるのに…
とか思いながら道の方を振り返ると、小さく人が見え始めたので慌てて写真を撮りました。
どこを切り取っても綺麗だからきりがないんですが、ここぞとばかりに写真の鬼と化しました。
ここまでほんの3~40分くらいのはずなんですけど、気が付けばもう陽射しが強く照りつけていて、灼熱の暑さになっていました。
でも、汗だくで砂を踏みしめて砂丘を登り、またそこからの風紋も素晴らしかった!
砂丘の上で立ち尽くしていると、さっき小さく見えていた人たちも登ってきていて、そこで横浜から来ていた方々との素敵な出会いがあったのでした。(ちょっと前のブログに登場)

そして砂丘ではもう一つやりたいことがありました。
「ラクダ」です。
ラクダに乗るのをどれだけ楽しみにしていたことか。
時間になって乗り場に行くと、もう人が並んでいました!
結構、年配の方が多くいらして、みなさんウキウキして楽しそうでした。
暑さに強いイメージのラクダですが、種類によっては暑いの苦手みたいで、今日の暑さはつらいかもな~と係の人が言っていました。
その辺を周るだけなので乗れるの時間は短いけど、砂の上をラクダの背に揺られて歩くのはとても心地よかったです。

白いラクダちゃんは乗れなかったけど(ラクダは選べないので)、美人だったので写真だけ!ってお願いして撮らせてもらいました。
いつか本物の砂漠でラクダに乗りたい。

バカンス⑤-竹田城-

鈴鹿の友人のお宅でお世話になって、午前中は彼女とスタバでマッタリトーク。

こんなきっかけがなければなかなか来るチャンスがないので、特に何もしてないけれど、友人の暮らす街を見られて良かったと思います。

 

さて、鈴鹿を出発して次なる目的地は朝来!

天空の城・竹田城です。

途中SAで休憩がてら琵琶湖でも眺めようかと思ったのですが、そのままぶっとばしてしまいました。

見応えあるんだろうな~ 琵琶湖はまた次回のお楽しみ。

少し太陽が低くなってきた頃に竹田城に到着。

山城の郷というところに車を停めて、そこから天空バスに乗ります。

バスを降りるとそこから約20分の坂攻めです。

なかなかの上り坂で、途中立ち止まる人もちらほら。

でもしっかり舗装された道なので、ここをガシガシ登ってゆきます。

その道のりを越えて辿り着いた先には絶景が待ち受けていました。

雲海なんて見られた日には正気ではいられないんじゃないだろうか…

山々と田畑に囲まれた城跡。

わたしはこの「城跡」というものがなんとも好きで、天守閣なんかよりも石垣に萌えるのです。

沖縄でも今帰仁や勝連など萌えスポットがたくさんあったな~

たまちゃんのお父さんばりに写真を撮りまくりました。

天空の城で思う存分風に吹かれてたらバスを逃してしまったので、歩いて下山することに。

下り坂だし、楽ちんで割とすぐに車まで戻ることができました。

 

そしてこの日の宿は鳥取なので、また移動。

陽が沈むころに鳥取に入って、宿に車を置いてからお楽しみの夜です。

超超超楽しみにしていた「素ラーメン」!

鳥取駅の近くの「小次郎」というお店でいただきました。

素らーめん、もう最高…福岡で食べられないのが本当に残念です…

お店の方も親切で、ちょうど店内もゆっくりしていたこともあり、鳥取の観光情報を色々と教えてもらいました。

だし巻き玉子やあごのお刺身、鳥取のお酒も堪能した楽しい夜でした。

バカンス④-伊勢-

早朝に那智勝浦を発って伊勢へ。

伊勢神宮外宮に到着すると、伊勢志摩サミットを数日後に控えて各所に警察官の方々が配備されて物々しい雰囲気でした。

外宮参拝に続いて、月夜見宮・倭姫宮・皇大神宮別宮月讀宮・猿田彦神社にお参り。

猿田彦神社の境内には芸能の神・佐瑠女神社があって、このときちょうど俳優さんがご家族で参拝されていました。

また、こちらは「みちひらきの神様」ということで、おみくじを引くべし!とのガイドにしたがって、有難くも大吉を頂戴しました。

気兼ねなくがんばりなさいよ、と背中を押してもらった気持ちです。

 

内宮に向かうと、駐車場に入るのに少々並びまして、待ってるうちにお腹がすいたのでまずは腹ごしらえ。

初めての伊勢うどん!と意気込んでお店を絞ることができず、仕方ないので「岡田屋」「ふくすけ」とはしごしました。

赤福氷も我慢できず、こちらもしっかりいただきまして、お替りはグッと我慢。

 

準備万端で向かった内宮は、やはり何度参っても場の空気に圧倒されます。

静かで、清らかで、厳かで…まるで世界から切り離されているよう。

神様がいるっていうことをすっと呑み込めるような、不思議な空間です。

特に信心深いわけではないけれど、心の垢が落ちるようなすっきりした気持ちになって、何時間居ても飽きません。

遠くてなかなか来られないのが本当に残念。

こんな場所が近くにあるなんて、どんな感じなんだろう…羨ましいです。

 

そして道すがら、松尾観音寺と夫婦岩を回って、友人の待つ鈴鹿へ。

今回のお伊勢詣でも良い時間を過ごすことができました。

 

バカンス③-那智ー

いい加減放置が過ぎるので、そろそろ仕上げます。

旅の日焼けが残っているうちに…

 

この日は大門坂に車を停めて、また熊野古道を歩きます。

山道を抜けて舗装された道に出て、「昨日よりかなり楽ちん!」と思ってすぐに、熊野那智大社へと続く絶望的な階段が見えました。

しかも日影がありません。陽のあたる長い階段です。

あんまりつらくて階段沿いに連なるお土産屋さんに入ったりしましたが、調子を整えるのに精一杯で残念ながらお土産どころではありません。

そんな試練を越えて辿り着いた熊野那智大社で振り返って見渡した景色と労うように吹く風はとても心地よいものでした。

 

熊野那智大社に隣接する那智山青岸渡寺はまた違う趣で、那智の滝も小さく見える撮影スポットでもあります。

写真を撮ってくれる親切なサービス係の方もいました。

出てすぐのお店のじゃばらサイダーで一息。

那智の滝の前に、三重塔に登ってそこからも滝を望み、そこまで滝の音が聞こえてくるのが何だか不思議でした。

 

そしてさらに進んでいよいよ那智の滝。

水飛沫が届く近さから見る滝の迫力と、落水の轟音だけを感じてどれだけでも居られるような場所でした。

滝に向かう階段で、滝の手前までずっと大きなトカゲがついて登ってくれたり、現世から離れた様な感じもしました。

 

現世に戻って、黒飴ソフトを食べて、バスで大門坂まで。

こんどは街の方に向かいます。

鮮やかな色彩の熊野速玉大社で目と心を潤して、その後、思いがけずこの日一番の強烈な思い出を残すことになった神倉神社へ…

 

世界遺産の一部ということで、観光気分を抱いたまま向かったそこには、ギリギリで階段と呼べるかどうかの急勾配の険しい斜面が。

おお…とたじろぎはしたものの、結構年配の方々がいいリズムで降りて来ていたので、ま、いけるでしょ、と登り始めました。

しかし私はインドアだし、高い所は怖いのです。

戻るも苦、進も苦…というところでうずくまってしまいました。

本気で滑落するのでは…と何度ちらちらとよぎったことか。

上から颯爽と降りてくる品のいいマダムに笑われましたが。

神倉神社で執り行われるお祭りでは、ここを駆けあがったり駆け下りたりするようですが、信じられない!

なんとか登ってお参りしましたが、お社への階段も急なのと見晴らしがいいのとで怖かったです。

来た道を無事にまた戻ったのですが、もちろん怖かったです。

立って降りられませんでした。

高い所が苦手で、ヒヤッとしたい方には是非訪れてほしい場所です。

 

こうしてまた長い一日が終わったのでした。

長くなりました。

そしてまだあと数回続きます。

旅の出会い

先日の旅行で出会った方から写真が届きました。

鳥取砂丘で撮っていただいた写真です。

砂の丘の上で挨拶を交わし、これからどこに向かうとか、そんな旅の途中の楽しいやりとりがあって、一人旅の私の記念写真を撮ってくれたのでした。

 

届いた封筒に入っていた写真の中でピントがぼんやりしている写真があって、その写真が一番あの砂丘を思い起こさせます。

砂に足を埋めながら丘の上まで登って、振り返ったら自分の足跡が風紋の中に続いていて、陽射しがじりじりして、海から吹く風が気持ちよかったあの砂丘。

砂の中に立っているのが不思議だけどとても心地良かったので、もっとずっとこのままでいたいなぁと汗だくになりながら思っていました。

 

先方の連絡先がわからず、お礼も伝えられないので、届くかわからないけどここでお返事を書いています。

しまったなぁ…

とても良い思い出になっています。ありがとうございます!

ラクダにも乗れたし、出雲も楽しみました!

またお互い良い旅ができますように!

 

バカンス②-熊野ー

早朝に和歌山城を散歩して、名残を惜しみつつ熊野へ。

山を越えて、憧れの熊野古道です。

 

熊野本宮大社に車を停めて、バスで発心門王子まで向かいます。

そこから約7kmの道のりを熊野本宮大社まで歩くのです。

 

爽やかに歩き始めたのも束の間、すぐに山道に入って、しかも夏のような暑さ!

山道なんて小学校の遠足以来?だったし、想像よりもガチな山道で、ドキドキキョロキョロしながら進みます。

そして私はこんなところに来ておきながら、自然に非常に不向きな人間なのです。

この道のりを古来果てしない数の人々が本宮大社を目指して歩いて行ったのだな…と感じ入りながら、私は虫の恐怖でほとんどトレイルランのような有様でした。

山の中を駆けに駆けて、3時間を目安にというところを半分の時間で本宮大社まで到着してしまいました。

 

しかし本宮大社を目指して来た道のりを胸にもって足を踏み入れると、その1歩は重く確かで、参詣できた感慨もひとしおでした。

無事にお参りできたことを感謝しながら、ゆっくりと本宮大社の清らかな空気を感じることができました。

 

熊野本宮大社から徒歩10分かからないくらいのところにある、大斎原にも足を運びました。

熊野本宮大社は洪水によって現在の場所に移り、その元々の場所が大斎原です。

田園風景の中に立つ巨大な鳥居は遠くから見ても大迫力で、そこをくぐって中に入ると、緑の中に残る台座の荘厳さに息を飲みます。

とても大切にされた特別な場所なんだなぁと、その時間が止まったような場所でぼんやり立ち尽くしたのでした。